• yassakuman

(事例)抵当権の抹消・抵当権者の解散

債務の完済等により抵当権を抹消できる状態になり抹消書類を銀行等から受領したものの、登記をせずそのままになっているケースがあります。

書類を持っていれば良いのですが、紛失している場合も多々あります。

その場合、再度抹消書類を発行して貰う必要があるのですが、抵当権者が既に解散していて会社が存在しないこともあります。

その場合には、当時の代表清算人に連絡をとって個人の印鑑証明書等を交付して貰う必要があります。

今回は仮登記だったので、承諾書を発行して貰い単独申請をしたのですが、共同申請の場合には事前通知等の対応が必要となり、時間がかかってしまい、お急ぎの場合に間に合わないことにもなってしまいます。

抹消書類を受け取ったら、お早めに抹消登記を申請することを是非お勧めします。


最新記事

すべて表示

福岡県司法書士会では、令和4年7月19日から同8月31日までの期間、 「相続・遺言推進月間」として、相談事業を行っています。 当事務所も、この事業の賛同会員として、相続や遺言に関するご相談を 初回無料にてお受けしています。 現在このような問題を抱えている方に限らず、将来の事のご相談でも構いませんので、 是非、この機会にご相談にお越し下さい。

司法書士会では、2月1日から2月末まで「相続登記はお済みですか?月間」として、賛同会員が初回無料で相続に関する相談をお受けしています。 当事務所も、賛同会員となっていますので、無料で相談をお受けできます。 (※正式に手続きを受任する場合は、報酬が発生します。) 相続登記の申請義務化の法律が、令和6年4月に施行されます。 放置すれば権利関係も複雑になり、手続きが困難になる事例も見受けられます。 是非